令和4年1月15日 高野台町会ではホームページをOpenしました。#高野台町会
町内の皆様にいち早く情報をお届けします。#【公式】高野台町会
国は、オミクロン株の特性を踏まえ9月8日に基本的対策方針を変更。
これを受け東京都は、9月13日、コロナとの共存に向けた都の方針と取り組みを決定。
これらを踏まえて練馬区は「新型コロナウイルス感染症に対する練馬区方針」を変更
 
          
 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

携帯電話用QRコード


携帯電話用QRコードです。ご利用ください。
トップページの一番下にある、
高野台町会PCというアイコンを
クリックすると、PCと同じ画面が見れます。
 

関連リンク

練馬区ホームぺージ
練馬区公式ホームページです

練馬区立区民協働交流センター
練馬区内の町会・自治会、NPO等の公益的な活動を支援する施設です

防災・安全安心情報
「防災の手引」や「ハザードマップ」をはじめとする、災害に関する様々な情報を得られるサイトです(練馬区ホームページ内)

防災地図・避難拠点一覧
震災時における避難拠点や医療救護所、防災井戸などを記した防災地図が閲覧できます(練馬区ホームページ内)

コロナ情報
(検査で陽性になられた方、先ずどうする?
 ・区内感染者数などが掲載。)

コロナ情報です。ワクチンの接種会場です。
 

カウンタ

COUNTER8504

とても気になる情報【コロナ関連】(更新:R4.10.01)

第7波が終息に向かっています。行動制限も無く、ほほ普通の暮らしを営んでいませんか?
それは決していけないことではありませんが、
感染対策はより一層、丁寧にとらなければなりません。
「練馬区統計書(2021年版)」と「広聴広報課資料(HP)」から
下記のような情報を提供します。

練馬区の世帯数:385,070世帯(R4.9.1)
練馬区の人口 :739,371人(R4.9.1)
高野台町会の世帯数:7,675世帯(R4.9.1)
高野台町会の人口 :15,412人(R4.9.1)
*何れも住民基本台帳から

練馬区内累計感染者数:150,453名(R4.9.30)
ここから単純に「軽快退院+死亡された方」を差し引くと、
練馬区内現在の感染者数:500名(R4.9.30)となります。
因みに
9月  1日の時点では、6,327名でした。
9月16日の時点では、2,603名でした。
これらは、数字の上からの単純計算です。
このひと月の間に随分と減少しました。

*この数字は機会を見て更新します。
 

緊急情報(掲載日:R4.9.14)

コロナ感染予防対策の徹底を!
練馬区は、「新型コロナウイルス感染症に対する新しい方針」を出しました。
経緯は以下の通りです。リンク先をご覧いただき万全の態勢で臨まれますよう
お願いいたします。

国は、オミクロン株の特性を踏まえて、重症化リスクのある高齢者等を守ることに重点を置いて、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図ることとし、9月8日、基本的対処方針を変更しました。これを受け東京都は、9月13日、コロナとの共存に向けた都の方針と取組を決定しました。これらを踏まえ、区は「新型コロナウイルス感染症に対する練馬区方針」を変更しました。詳細は区ホームページをご確認ください。https://www.city.nerima.tokyo.jp/hokenfukushi/hoken/kansensho/2019-nCoV/houshin0914.html
自分と大切な人や社会を守るためにも、今こそ早めのワクチン接種をお願いします。感染に不安を感じたら、都が実施する検査を受けて下さい。療養期間中にやむを得ず外出する場合は、マスクの着用、人混みを避けるなどの感染予防行動を徹底してください。
混雑している場所や時間をできるだけ避けて3蜜を回避することや、こまめな換気、手洗い・手指消毒をはじめとした、基本的な感染防止策の徹底を引き続きお願いします。
マスクの着用は感染防止対策として大変重要なため、特に人と会話するときや混雑する場所ではマスクの着用を徹底してください。
会食は感染防止策が徹底された“感染防止徹底点検済証”の交付を受けている店舗の利用をお願いします。
 

環境衛生部からのお知らせ

鼠駆除剤の配布について
町会員には希望によって鼠駆除剤を配布しています。
昨年の配布はありませんでした。
本年は11月頃に案内をします。その後の配布となります。
令和4年の後半、日が迫ってきたら、回覧板及びホームページで
お知らせします。

町内ゴミ収集予定
高野台地区のゴミ収集予定が石神井清掃事務所から発表されています。
毎週水曜日は祝祭日にかかわらず、町会の資源ゴミ収集日になっています。
資源ゴミは水曜日に出しましょう!

石神井清掃事務所 03-3928-1353
下部のリンク先にて詳細な回収日が確認出来ます。
高野台地区ゴミ収集日年間予定表R4.pdf
 

その他のお知らせ

今年の国民の祝日はいつなの?
オリンピックも終わり、変則的な祝日が元に戻ります。
予定を立てるにしても連休や祝日が分かり難いです。
そこで、今年の“国民の祝日”を紹介します。
2022年国民の祝日.jpg  (内閣府からの発表です)

二十四節気について
つい先日、某テレビ局のアナウンサーが、
“雨水” を “あまみず” と読み,びっくりしました。
もう一方のアナウンサーが、慌てて “うすい” と
読み直していました。この際、ご紹介します。

二十四節気.png (国立国会図書館からのデータです)
 

今年の夏の思い出コーナー(掲載日:R4.8.15)

まだまだ暑い毎日ですが、2022年の夏も終わりを告げています。
今回、皆様の希望で「夏の思い出コーナー」を作成しました。
今年の夏の体験に、ほんの短い説明を加え写真(1MB前後)を募集しています。
所属支会とお名前を明記の上、メール添付でお送りください。
順次掲載して参ります。(10月一杯で終了します)

         
練馬に咲いたハイビスカス【3丁目:長原歩氏】   夏休み先で「蔵王のお釜」【3丁目:T.O氏】

   
アオタテハモドキ(石垣島の蝶々です。)   ブーゲンビリア(竹富島) 【3丁目:長原 歩氏】
本土では観る機会がありません。       南国の花ですね。
【3丁目:長原紀子氏】
 

長命寺境内に紫陽花庭が造られました。(掲載日:R4.6.18)

長命寺境内、山門を入って左奥に「紫陽花庭」が造園されました。
観覧期間:6月26日(日)まで
観覧時間:9時~17時まで
花の命は短いと言われます。あと一週間しかありませんが、
皆様、散歩がてらにお出かけになられては如何でしょうか。
まるで極楽浄土をイメージしたようです。
あっ!蚊に刺されないようにご注意ください。

    

  

     
写真は何れも、長原歩氏(3丁目)他の皆様からの提供です。
 

石神井東中学校フラワーロード(更新日:R4.8.14)

フラワーロードに新しく「べゴニア」が整備されました。
生憎の雨ですが、お花はとっても嬉しそうです。
今回は、お写真が間に合わなく1枚となってしまいましたが、
近いうちに、撮りに行って紹介しますね。
伺える方は、この機会に是非お尋ね下さい。     


   
8月、新しくマリーゴールド他が整備されました。

写真は共に、矢田美子氏(1丁目)からの提供です。
 

桜の情報(掲載日:R4.4.2)

皆様にご紹介するタイミングが遅れてしまいました。
二丁目付近を流れる石神井川に掛かる“桜見橋”から満開の桜が届きました。
3丁目の会員の「山崎仁郎氏」から頂きました。(3月30日撮影)
  
 

長命寺の南大門


真言宗豊山派東高野長命寺は高野台町会のランドマークの一つとして、
高野台3丁目にあります。慶長18年(1613年)に後北条氏の一族である増島重明

(北条早雲のひ孫にあたる。後に出家して慶算阿闍梨になる)によって
弘法大師像を祀る庵を作ったのが始まりと言われています。


2022年2月  長命寺本堂のお写真が会員(山崎仁郎氏)からの投稿があったので掲載します。


2022年2月 長命寺山門と本堂までの右手に十三佛が設置されています。
これも山崎仁郎氏から提供を受けました。次の十三佛の功徳と併せて掲載します。

 

谷原氷川神社

  
地元の氏神様「谷原氷川神社」です。高野台の皆様は氷川神社の氏子です。                             
年間を通じて様々な行事が行われています。2022年の初春を迎える準備も整いました。   
高野台一丁目のランドマークです。


大晦日の深夜、日付が変わる少し前から行われる厳かな神事です。
昨年は強風で中止になりました。以前のお写真を会員の方から投稿いただきました。
 

練馬高野台駅北口と南口

北口にはバスやタクシー乗り場、イオンなどがあります。
南口には車寄せがなく、夏は噴水が出る小さな公園があり遊び場になっています。
      
     
北口                南口 
笹目通りの渋滞を解消するために、西武池袋線の高架化と共に 
平成6年(1994年)12月に開業した「練馬高野台駅」は、高野台一丁目にあります。
一日乗降客が27,000人と都心まで30分圏内のベッドタウンとなっています。
これも高野台のランドマークです。(元早稲田大学写真部 山崎仁郎氏提供)
 

練馬高野台駅北口左手 順天堂練馬病院


練馬高野台駅北口から徒歩2分。
平成17年7月開院の地上8階、地下2階で免震構造を持つ
490床の総合病院です。高野台三丁目のランドマークとなります。
(元早稲田大学写真部 山崎仁郎氏提供)